2021.02.04

妊娠中にコロナに感染したときのリスクとは?

新型コロナウイルス騒動が始まってからずいぶんと経ちますが、いまだに収束の兆しは見えてきません。

中には「妊娠中の自分が新型コロナウイルスに感染してしまったら、どうなるのだろう?」と、強い不安を感じている人もいるでしょう。

今回は妊婦さんが新型コロナウイルスに感染した場合のリスクと、予防法について解説します。

ママと赤ちゃんの命と健康を守るためにも、ぜひ読んでおいてください。

妊娠後期にコロナウイルスに感染すると重症化するかも

妊娠後期新型コロナウイルスに感染したママさんは、「重症化する可能性が高い」と言われています。

2020年6月、日本産婦人会は、「新型コロナウイルスに感染した妊婦には、どのような症状が出たか?」という調査をおこないました。

調査によると、以下のようなデータが確認できています。

<CT検査で「肺炎」が発覚したケースの割合>

<呼吸が難しく、酸素吸引などを要したケースの割合>

といった可能性が、初期から前期の妊婦さんと比較して、大きくはね上がるというわけです。

つまり「重症化しやすい」ということですね。

もし妊娠後期を迎えているなら、新型コロナウイルス感染に対しては、より一層注意する必要があります。

ただし、この調査において「赤ちゃんやママが亡くなった」というケースは確認されませんでした。

とはいえ、「重症化しても、赤ちゃんの健康に影響はない」というようなデータはありません。

ママの赤ちゃんの命と健康を守るためにも、観戦にはじゅうぶん注意しましょう。

<h2>妊娠後期の新型コロナウイルス感染を避けるために、できること</h2>

とにかく新型コロナウイルスに感染しないように、できる限りの予防対策を取りましょう。

アメリカ疾病予防管理センターは、「妊婦さんには、以下のような方法で感染予防をしてほしい」と発表しています。

また、わざわざ管理センターは書いていませんでしたが、

などももちろん重要です。

できる限りの対策をとって、感染予防につとめましょう。

取扱代理店

株式会社エレメント

【渋谷営業所】 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-16-10 渋谷DTビル7F Development Office
電話:03-5428-6602 FAX:03-5428-6609

妊娠保険ステーション 糖尿病保険ステーション